あそけんのジェンダーポリシー

そもそも、生き物にとって、性別とはグラデーション。
性別を持つ生き物の性別がどう決まるのかな、、仕組みを勉強してみよう
どんな組み合わせもありです。
多様性は、そもそも、環境変化への適応のための戦略です。
多様なものこそが未来の可能性を拓く・・のです。
一人ずつ違ってあたりまえ。みんなみんなの、いろんな思いを聞いてみよう。
レインボーの旗を掲げているときは、みんな、自然体でいようよ、って合図。

数学や理科ができる女子は、男子からも女子からも受け入れてもらいにくい、、?
物事をハッキリ言い過ぎたり、理屈っぽいと、嫌がられたりする??
そんなナンセンスの中、生き抜いていってほしい理系センスのあるみんな。

逆に小さな子供達ととても上手に接することができるボーイズや、繊細な感性の持ち主達、、
いいじゃん。それぞれ、生きる道。自然体で居られるお互いを受け入れる。
ピンクの草履をどうしても履きたい、赤い靴がどうしても嫌、スカート履いてみたい、、
いろいろやってみたいこと、好みじゃないこと、表現してみよう。

みんな、そのままがいい。そのままで、あそけんに、きてね。

 

性別に縛られる社会の価値観が、大人の生きづラサを助長している。
男性中心のすべての職業の半分が女性になったら、世の中は見えていなかった価値観や感性を
取り戻すことができる。科学者や教育者の半数が女性になるだけで、世界は新しい価値を手に入れることができるはず。
女の人がおじさん化して働き続けるのじゃなく、おじさんたちも中に持つ女性性を大切にしてほしい。
持続可能性、生物多様性、そもそもなんでもありを認めてこそ!

投稿者: asoken K

外遊びだがいすき。いつも宿題に追われている、、けど、そんな時ほど遊びに行っちゃう。遊ぶといいアイデアうかぶからね!