ボランティアステーションってしってる?

ひびきの探検のボランティアスタッフ
戸畑のボランティアステーションでも募集してくださっています。
昨年も同じ春休み、高校生が応募してくれて大学生と
一緒に元気に活動しました。

はじめは、おっかなびっくりだった高校生も大学生や子供達大人と一緒にのびのび活動してました。
安全マップ活動には、市役所の人や警察の人、大学の先生、などいろいろな人が集まります・・あそけんの活動には、いつもいろんな人が出入りしてくれます・・・
そういった方に出会ってお話を聞く機会にも。

参加してくれるボランティアの動機は様々。
ボランティアステーション(北九州市子ども家庭局)で登録することで、ボランティア保険に加入させていただけるし、「活動証明」も発行してくれます。
活動証明、は、進学や就職のときに添付することができる正式なもの。

就職活動のために、活動場所を探している、、っていう学生も多いですよ。
「市役所に就職したい!」から、安全マップ活動に参加しました!って。

いいんです。動機は何でも。
その動機に見合うように、活動そのものを組み上げていくように考えます。
たとえば、就職用に、というのなら、どんな就職を目指しているのか、その先でどのようなことが理解でき、言葉にできるようになっていれば良いのか、実際就職活動をしてみてどうだったのか、、
いろんな話をしながら、役割を担ってもらいながら、活動します。

どんな目的で、どんなことがしたい、って教えてください。
あそけんは、大人も子供もしたくないことはしなくて良い場所です。
(あそけんは、どんな小さな子も、大人も、
みんなのために、できることをさがして、する、ことで成り立っている場所です)
一人一人の目的に、なるべくフィットできるような、実のある活動ができる場所でありたいと思っています。

チャンスは手あげ式。あるいは、指とま方式。
いろんな役割があるよ。
自分で作ってもいい。
活動によっては、他の大学や遠くの仲間と繋がれる機会もたくさん。

あそけんでは、一年中、海や山、グリーンパークでの活動の時、子供食堂や夜寺子屋、など、いろいろな大学生や高校生のボランティアが一緒に活動してくれます。みんな子供たちとすごく楽しんで、そして、とてもたくさん学んで帰ります。

ボランティアってなんだろうね?
バイトと何が違うの?
自分でやりたいことを探して、自分なりのスタイルでその活動に関わることができる、っていうのがボランティアの醍醐味だと思う。
バイトじゃないから、可能性は無限。
自分で自分の活躍できる場所、仲間が活躍できる場所を作る。
いろんな力を合わせて仲間になる。

たとえば、あそけんでは、結構しっかり研修や打ち合わせをします。
高校生でも、中学生でも、ボランティアで活動する、となれば、大人と同じレベルで学んで欲しい。活動を楽しむために、まず、学んで欲しい。
もっともっと知りたくなるし、もっと面白くなる。

心と頭の柔らかいうちに、現場の最先端を学んで欲しい。
学校じゃ教えてくれない。最新のトピックスも満載。

まさに育ち盛り。人間の思考力を司る脳の前頭葉の発達は、思春期以降から25歳ぐらいまでがピーク。対人関係能力や判断力、感情のコントロールなどが日々進化し変化していく年頃。新しい出会い、新しい場所。新しいことばっかり。

(人によっては、40までは発達途上、という説も。私もそう思う。そして、
子育て中「マミーブレイン」は、めっちゃ進化する!!(構造が変わるぐらい!)のです。
ママだけじゃなくってパパにも大進化する可能性が!(子育てする哺乳類の場合)
・・・そのお話はまた次回)

高校生もいろんな話や感想を聞かせてくれて、毎回とっても面白いです。
大学生もそれぞれ専門性や個性も際立ってくる年頃。これまた面白い。

参加する子供達は、学生や高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんが大好き。
興味津々で、すぐ仲良くなります。
そして、保護者の皆さんと、ボランティアスタッフのやりとりも本当に面白い。
普段遭遇しない多世代が入り混じって、活動はもちろん面白いのだけれど、出会いから生まれる思いもよらない展開がこれまた楽しい。

学生たちの就職相談、人生相談に、お父さんたちが真剣に話し込んでいたりする姿を、しばしば目にします。

ここではお話できない、もうそれは、面白いことがたくさん起こります。
もう半世紀生き延びてきた私(けいさん)でも、毎回新鮮。
サプライズの連続。
サバイバルの先輩たちから、生き延びる知恵盗んでください。

 

中高生ぐらいになったら、ちょっと学校は面白くない、とか、世の中実際どうなってるの?って思ったり、親や先生以外の大人の話が聞きたいって思うんじゃないかな。
親の言うことなんて、もう、聞き飽きてきてるでしょう?
それってごく普通で、健全に成長しているから。
しかも、中高生はバイト禁止、ってことが多い。

そんなとき、あそけんで「ボランティア」はすごくおすすめ。
あそけんは、子どもを「子ども扱い」しません。
みんな、一人前に扱います。つまり、甘やかしません。(笑)

一緒に活動した人だけが、体験できる宝物
なんでもいい、「これがしたい」を持ち寄ってください。

みなさんも、一緒に活動しませんか?
お問い合わせはお気軽に、このサイトの「お問い合わせ」フォームでどうぞ

 

投稿者: asoken K

外遊びだがいすき。いつも宿題に追われている、、けど、そんな時ほど遊びに行っちゃう。遊ぶといいアイデアうかぶからね!